So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大谷山荘の天文台

ご先祖様の墓参りを兼ねて長門市に立ち寄る用事があり大谷山荘に行ってきた。プーチン大統領の宿泊ホテル。ここには天文台がある。鎮座している天体望遠鏡は私のものと同口径30センチ反射(ミューロン)と15センチ屈折(形式型番は不明)で、大型赤道儀に同架してある。赤道儀はEM-2500で私が同架を計画しているEM-500とは大きさも価格も異次元のもの。だが同架の方法やプレートが参考になった。接眼鏡はナグラーの31㎜で、少し詳しい人が職員の方におられるのだろう。もしかしたら単に販売店に勧められて買っただけの接眼鏡かも知れないね。天文台の見学は予約制で時間は20分ぐらい。曇っていたので実際には星は見えず、ドームの中での過去の写真、ビデオを使っての説明となったが、土星などはずいぶん前のまだ輪の真横から見たビデオ画像だし、おそらく高感度一眼(ソニーα7S?)で撮ったM42の動画などもプレゼンされていたが、決して美しい写真、動画ではない。またアークトゥルスやヴェガなどの単なる反射望遠鏡特有のスポーク散乱光の残る、おそらく素人受けのするような星形恒星の写真を見せられたり・・。すばるの写真もあったが拡大しすぎて美しさがいまいち。夏の接近した火星の写真もなく、動画は今回の接近のものだろうか砂嵐で表面が全く見えない火星?もしくは気流が悪くてよく見えない状態の火星が動画にてプレゼンされていた。これだけの機械がもったいないかな、とも感じた。おこがましくも、「私に1週間この器械を任せてくれたら、この器械に見合うだけの一般の方の説明用のもっと良い写真、ビデオを撮ってあげるのにな」、なーんて思いながらの鑑賞。少なくとも曇天時の説明用のビデオはもっと良いもの、その季節にアップデートしたものに差し替えた方が良いだろうなどと考えながら説明を聞いた。もっとも説明した担当の方は、熱意をもってわかりやすく丁寧に説明されており、変に詳しいとやかく言う見学者がいるとやりにくかろう・・と配慮して、おとなしくしていた。
 天文台はともかく、ホテル本業の、温泉、食事、サービスなどは最高でした。
大谷山荘.jpg
LRG_DSC02169.jpg

LRG_DSC02171.jpgLRG_DSC02177.jpgLRG_DSC02176.jpgLRG_DSC02118.jpg

コメント(0) 

糖尿病黄斑浮腫 WEB講演会:2018/09/26

糖尿病黄斑浮腫 WEB講演会が開催された。拝聴した。
●日時:9月26日(水曜日)19:00~20:00
●演題①:DMEの病態とアフリベルセプトの製剤特性
●演者①:北海道大学 石田 晋先生
●演題②:DME治療の個別化マネジメントについて
●演者②:鹿児島大学 坂本 泰二先生
石田教授の基礎的なお話しは知識の整理に役に立った。ガレクチン(ガラクトースーレクチン)−1のお話し大変興味深く拝聴した。坂本教授のお話は臨床に即したお話しで明日から役に立つ。
アイリーアは、ガレクチンー1の阻害もする。ほかのサイトカインと同時に阻害できるかは不明だが可能性はある。ステロイドもガレクチンー1を阻害するが機序はあまり良くわかっていない。大規模調査によるとアイリーアとルセンティスの間に血管系の有害事象の発生率に差はなかった。
プログラム
アイリーア Web講演会プログラム-1.jpg

アイリーアと、作用点のシェーマ。わかりやすい。
アイリーアパンフレット 坂本先生・石田先生-2.jpg
コメント(0) 

楓天の会:2018/09/16〜17

南会津にて上記開催された。あいにくの雨天だったが最終日は晴れて太陽望遠鏡観測会となった。Kさんの幹事、Nさんの粋な取り計らい、そして何とIさんのご厚意にてLS230THaを拝むことができた。オーナーのIさんのお言葉をお借りすると、「彩層は見えるは、プロミネンスはデビルマンの悪魔の城のようにオドロオドロしく迫ってくれるは・・・。」です。
LRG_DSC01992.jpgLRG_DSC01988.jpgLRG_DSC01977.jpgLRG_DSC01965.jpgLRG_DSC01961.jpgLRG_DSC01938.jpg
コメント(0) 

プロミネンス

9月13日(木)のプロミネンス。
https://www.youtube.com/watch?v=9HjPo_BeDJ4
画像は、α7sの白黒モードからカラー化したもの。
New1-2.jpg
コメント(0) 

Retina Update Seminar ~網膜疾患について語りあう:2018/09/08

本日19時より、AP東京KPP八重洲ビル7階にて、上記開催された。ポピドンヨードの硝子体内注射は数回目。森先生のマクラホールのでき方の新しい概念は興味深かった。

(20180908)Retina Update Seminar -1.jpg

9月9日の太陽。シーイングも悪く陽炎の渦巻く中、雲の合間からRX-100で撮影。久しぶりにプロミネンスが久々に大きく出ている。テレスコ工房さんのデジカメカメラアダプターでお気軽コリメート撮影。このアダプター秀逸。何と言っても撮影までの手間がいらない。思い立ったら雲の合間にすぐ撮れる。お勧め。予てから気になっていたLavendura 30mmを取得。この接眼鏡の特徴はヌケが良い(光の透過性が良い?)、像の湾曲が少ない、視野が今様の超広角では無い。プロミネンスは案外太陽望遠鏡でも見えにくいことがある。光の透過性が良い接眼レンズだとよく見えるハズ。結果、ラント15㎝のデフォルトはやはりパンオプティックスの24㎜となりそう。湾曲収差の極めて少ないLavendura 30mmは天体よりもむしろ細隙灯などに使用して記録、測定などの医学的な用途に向いているように思う。

DSC01923.JPG

コンデジのRX100Ⅲで雲の合間からプロミネンスを撮影したもの。
DSC01916.JPG
コメント(1) 

アバンシィWeb カンファレンス:2018/09/04

眼内レンズ強膜内固定術のポイントという演題名で19:00より順天堂大学医学部附属静岡病院 眼科教授 、私の大好きな太田 俊彦先生によるご講演。
以下、リーフレットの講演概要
「白内障手術は術式と機器の進歩に伴い、手術成績は向上しています。言い換えると、患者 さんの眼の状態に応じて、最適な術式や機器、 眼内レンズ(IOL)の選択が求められる時代に なったとも言えます。その中で本講演では、IOL を固定する嚢が残存しない症例に対する IOL 二 次挿入術、とりわけ最近注目を集めている IOL 強膜内固定術について紹介したいと思います。 本内容が明日からの白内障手術に役立てば幸いです。」
 強膜内固定術は、PVDFがよい。NX-70は、10から27まで。アバンシーは-7から30まである。ハプティックスはX-70とおなじPVDF。Lポケット切開は、3㎜創で摘出可能。4×3ミリからφ7㎜のレンズも挿入可能。MEテクニカ Lマーカーで創を作成する。アバンシーはオールマイティ。囊内固定、囊外固定、強膜内固定のすべてに使用できる。

スクリーンショット 2018-09-04 18.34.48のコピー.jpg
コメント(0) 

Ocular Surface Symposium 2018:2018/09/02

東京プリンスホテル 講演会会場 2F「鳳凰」にて、上記開催された。
続発性アミロイドーシスは、睫毛乱生、ハードコンタクトレンズで起こすことがある。円錐角膜と間違えることがある。切除する。

プログラム
180902【Ocular Surface Symposium 2018】1st案内状-1.jpg

IMG_5240.jpg
コメント(0)