So-net無料ブログ作成

第7回栃眼医獨協眼科病診連携の会:2018/11/09

本日宇都宮グランドホテルにて上記開催された。
京大眼科助教村上智昭先生による糖尿病黄斑浮腫の診断と治療、日大眼科助教服部隆幸先生による硝子体内注射における感染症対策を再考する、との2題。臨床に即した為になる内容だった。
DME:最初に3か月連続で抗VEGFを打つ。HEあっても抗VEGF治療にて12か月でHEがなくなることもある。VITORECTOMYでも抗VEGF剤が良く効く。SRF+でも期間は長いが抗VEGFによって効果がある場合もある。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。