So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

春分の日

ご先祖様に感謝。お参りをした。
IMG_8390.jpg


パクキュヒさんのギター何度聞いても(見ていても)飽きません。この動画がネット上に長らく残ってくれますように。
https://www.youtube.com/watch?v=zQnBstCaosE


ああ、強風の吹く中太陽。この風って太陽が原因。太陽も見ていて飽きない。シングルエタロンでの撮像。
video0027 19-03-21 15-17-27.jpg

コメント(0) 

栃木県眼科医会理事会:2019/03/20

本日上記19時より開催された。
県庁と栃木県医師会に陳情に行く日程などを決めた。

太陽。ダークフィラメント、フレア、黒点が同時に収まっている。
856021_1553068539.jpg856021_1553081786.jpg
コメント(0) 

RVO治療での見え方の質を考える:2019/03/19

本日19時より上記Alcon Pharma Web Symposiumが開催された。
岡本史樹先生のご講演。
歪みを定量する検査:Mチャート:イナミ。近畿大学の松本先生が開発。日本発の機器。アムスラーチャートは広さを把握するのによい。
http://inami.co.jp/files/topics/1364_ext_02_0.pdf

New Aniseikonia Test:不等像視のテスト機器
http://panda-ort.com/24%EF%BC%8E不等像検査/①ニューアニセイコニアテスト.pdf

コントラスト感度視力計:岡本先生はベクタービジョン社製。
BRVO患者は以外と薄い字が見えない。視力に変化なくてもコントラスト感度に変化があることがある。ERM,MH,BRVOは変視量が多く0.5°を超える。CRVOやDME、Mactelは変視量は0.5°を下回る。BRVOのほとんどは変視を呈する。変視は治療により改善しない。New Aniseikonia Testにて−2.0%以下は小視症、+2.0%以上は大視症。縦、横で測定し平均値を使用。不等像視は1から3%で違和感、3〜5%で両眼視機能は不可。5%以上で融像不可の結果複視を呈する。網膜が原因の不等像視は遠くの対象物ほど大きくなる。ERMは大視症(視細胞がくしゃ!となっている)、その他はほとんど小視症。
コメント(0) 

高根沢医師団会合:2019/03/18

本日上記19時より開催された。
さまざまな重要な案件について真剣に討論され了承された。

写真は今日の太陽です。光球面の彩層とプロミネンス、その間のスピキュール、ダークフィラメント、フレアがなどがわかるように強めの処理をしてみた。
下の動画は画像処理した写真の元になったもの。
https://www.youtube.com/watch?v=UrW8v8IIqAs
写真は、AviStack2にて加算平均した後、フォトショップとステライメージにて画像処理。

video0008 19-03-18 09-01-42.jpgvideo0005 19-03-18 08-57-41.jpgvideo0003 19-03-18 08-53-52.jpgvideo0001 19-03-18 08-49-42.jpg
コメント(0) 

千葉桂三先生定年退職祝賀講演会:2019/03/16

本日上記18:30より開催された。ご講演内容は「角膜診療の要点」で、実践的かつ非常に役立つ内容。最初から聞きたかったが外来が長引いて途中からの聴講となった。残念。同じ内容のご講演をもう一度機会があったら是非お聞きしたいのだが・・。その後祝賀会に出席して千葉先生にご挨拶をした。
コメント(0) 

第28回下野眼科談話会:2019/03/15

本日19時より宇都宮グランドホテルにて上記開催された。
株式会社Rist代表取締役社長 遠野宏季社長による、人工知能技術の進歩と眼科を始めとした医療分野への連携と、自治医大眼科准教授高橋秀徳先生による、眼科における人工知能の最新動向の2題。
眼科は医療の中でももっとも人工知能を応用するのに適しているかもしれない。

エタロンフィルターは興味深い。裏表はないようだ。軽量なのでいろいろと試してみたい。
856021_1552624273.jpg856021_1552454804.jpg856021_1552175293.jpg856021_1552175124.jpg

元になった動画。AviStack2で加算後、フォトショップ、ステライメージで画像処理した。
https://www.youtube.com/watch?v=w567JXbPmPE

コメント(0) 

参天webカンファ:レンティスコンフォートの実力:2019/03/12

本日19時より上記開催された。
クイーンズ・アイ・クリニック 荒井 宏幸先生のご講演。
術後はややマイナス傾向になる。屈折矯正、RK、LASIKの患者さんに相性が良い。CCCは大きくする。左手にシンスキーをもって、リリースする瞬間に奥に押す。角膜耳側切開。レンズは縦に回すが、無理に回さない。Carcificationが問題。特に角膜移植や硝子体出血を起こすかもしれない場合は使用を避ける。計算式はバレットがよい。SRK/T式でも可。Haigisは参考程度。CTRは、プレート型は必ずしも使う必要はない。レンズの向きはどちらを向いていても大丈夫。このレンズを使用する場合は、あえて患者さんに説明はする必要はない。多焦点の機能を出すには最低でも瞳孔径は2.5ミリ〜3.0ミリぐらいは必要。質問コーナーは、内容を聞いていて、参天側が事前に用意した典型的な質問、参天側にとって都合の良い質問を用意されていたような印象を受けた。

参天3月案内状 (3)-1.jpg
コメント(0) 

第4回塩谷郡市医師会役員会:2019/03/11

本日19時より上記開催された。
2週間前からのlumbagoが酷い。
10月6日(日)は、塩谷郡市医師会市民公開講座と、栃木県眼科医会主催の眼の愛護デー開催が重なってしまう。

コメント(0) 

H-Ⅱ ロケットと

孫とHⅡロケット。普通は2歳の女の子ってロケットに興味を示さないのでは?
お爺ちゃんに似たのか・・と、娘が送ってくれた。
 今後日本がアメリカの月に人を送る計画に参加するという。10年後ぐらいには日本人も月面に立つ日が来るのか? 
 それにしても約50年前には、50年後の未来の2020年頃にはとっくに月面基地ができているものと思っていた。車はタイヤを捨て宙に浮いて走っているものだと予想していた。この時代になってまだ車のタイヤ交換の手順が役に立つとは思っても見なかった。なんでも、1969年当時月に人を送る費用は今のお金で14兆円必要だったとのこと。生きているうちに月面に立ちたい、きっと立てる、と思っていたが今となってはかなり難しいだろう。科学技術の進歩は加速度的とも言われるが、分野によってはそうでもないと感じている。もしかしたら人間が予想している方向とは違う道を辿って進歩する可能性もあると予感する。

IMG_9319.jpeg
コメント(0) 

第72回:仮想第一助手プログラム:2019/03/10

本日上記10時より開催された。
虹彩偏位している症例は、対側を八重式で切っておしまい。オビソートは2ccで薄める場合と10ccで薄める場合がある。
IMG_8248.jpg

私の質問
PCCCのあとで、粘弾性物質を入れておられる場所は、後嚢の後ろでしょうか。硝子体切除する前に、硝子体が後嚢から前に出てくるのを防ぐ目的でしょうか?前部硝子体と後嚢を引き離すため。 CTRなどを入れた後で後嚢切開すると、CTRなどによってテンションがかかっていてPCCCが流れやすい:マルファン症候群などの方で水晶体囊が小さい方では気をつけないと流れることがある。CTRを入れる前に切開をする。 同様に、レンズやCTRを入れた後で、前囊切開を広げる際にも同じ理由(前囊にテンションがかかって流れやすい?)で、ヒーロンVで前囊が凹むぐらいに押しつけてから前囊切開をすると、流れるのを防ぐことが出来る。反対に前囊切開を大きくするのに苦労する。

今日の太陽は活発で興味深かった。
FS-60CBの先に、手持ちでコロナドのSME40㎜をつけて、クオークとの佃ダブルスタックにしてみると暗くはなるが、光球面が非常によく見える。FS-60CBにSME40を付けるアダプターがあるとおもしろい。SMEには裏表があるのか試してみたが裏返しでもある程度は見えるがコントラストが落ちる。PST40とSME40は軽量なのでいろいろと試してみるのに有用。
IMG_8246.jpgIMG_8239.jpg

今朝のプロミネンス
video0011small 19-03-10 08-16-57.jpg

昨日手術した網膜剥離の患者さんの経過、復位しており視力の回復が期待できる。
vk588614.jpg

vk588806.jpg
コメント(0) 
前の10件 | -